幼稚園より

 ☆キウイの木も元気です☆2019.2.2
 はげまし隊さんに、園舎横のキウイの木の剪定をお世話になりました。昨年11月頃に40個ほどのキウイを実らせた木。伸びた枝を芽の出てくるところを残しながら、剪定していただきました。「枝は元気そうだよ」と教えていただき、また、春に花を咲かせるのが楽しみです。その日はリンゴと一緒に寝かせてあった最後のキウイを、お弁当の時にいただきました。とっても甘く熟していましたよ。
 剪定が終わり、お茶を飲んで休んでいただいていると、コマを持った5歳児の様子を見て「どれ、回せるか?」コマ名人のはげまし隊さんが教えてくれます。「投げたらあかん、そっと置く感じやぞ」「ひもはすぐ、ひく」などなど、熱い指導が続き、子ども達もコマが回せるようになりたくて、はげまし隊さんが上手に回す様子を、真剣な表情でみていました。学ぶ、は真似ぶ。「やった〜、見て、回った!!」みんなで喜び合いました。あれ?キウイよりもコマ教室の方が長かったかな・・・?

 ☆寒さに負けず、元気に遊ぶ子ども達です☆2019.2.2
 寒さが一段と厳しくなってきています。幼稚園でもインフルエンザA型が流行し、4歳児が3日間の学級閉鎖をさせていただきました。
 それでも、幼稚園に登園してくると、「お外に行ってきま〜す」と元気いっぱいです。5歳児きく組さんは、テレビの逃走中にでてくるハンターのまねっこをして、自分たちで追いかけっこのルールを考え、追いかけたり、隠れたり園庭を走り回って遊んでいます。4歳児うさぎ組さんは今まで、きく組さんのリレーごっこに入れてもらっていましたが、走ることが楽しくって、自分たちでも始めるようになりました。先日、きく組さんはホールに行っており、誰もいませんでした。「先生、リレーがしたい」とうさぎ組さん。「リレーのバトン、あの部屋のあそこにあるんやけど・・」年長さんの保育室なので、入るのは遠慮している様子。子どもの言った場所を見てみると、ありました、ありました。どこにしまうのかもちゃーんと見ているのですね。驚きました。「うん、それそれ」と言わんばかりにはちまき等が入ったカゴを受け取ると、早速リレーごっこが始まりました。年長さんのように走ることがただ嬉しくてチーム分けや順番は・・・、まだまだのようです。

 ☆1月生まれのお友達の誕生会にスペシャルゲストが登場!☆2019.2.2
 内部幼稚園では、内部中学校区の先生方と一緒に「学びの一体化研修会」をさせていただいています。その一環として、中学校の上野先生に幼稚園にきていただき、5歳児きく組さんに歌唱指導をしていただきました。
 「歌を歌うときは息をいっぱい吸い込むといいよ」一言教えていただくと、子ども達の歌声が変わりました。「虹がかかったよ〜」って、みんなどんな虹がかかったのかな?寂しくて、泣き出しそうなときってどんな気持ちだろう?・・・と、歌詞のひとつひとつにアドバイスをいただくと、自然と歌の中に入り込んでいき、上野先生と一緒に歌うと子ども達はとっても楽しそうです。私達もこんな指導ができるようになりたい!と勉強になりました。素直な子ども達は、先生のお話を聞くと、始めの歌とはまるで違っていて、歌で表現を楽しんでいました。
 その後の誕生会では、上野先生に、得意のサックスを披露していただきました。職員のピアノとのセッションを、お迎えの保護者の方々の一緒に聴かせていただき、素敵なひとときが過ごせました。本物も楽器の音の大きさにびっくりする子もいました。上野先生、また来てくださいね。

 ☆12/14 サンタさんが来てくれました☆2018.12.28
 本当にサンタさん、来るかな?雪降ってないけど、来てくれるのかな?と朝から心配そうな様子の子ども達でした。ホールの舞台にサンタさんとエルフさんが登場すると「うわぁ〜」と歓声があがりました。
 4歳さんはもう夢でも見ているかのようにぼぉ〜”っとしていましたよ。プレゼントをもらって「ありがとう」の言葉も出てこないほどでした。
 5歳さんはサンタさんに質問です「どうしてトナカイを連れてくるの?他の動物ではダメなの?」と聞いてみました。「トナカイしか空を飛べないからだよ。でも、鳥ではプレゼントを運ぶのに、力が足りないんだ」ですって。もちろん英語で答えてくれました!!
 サンタさんが帰った後は、みんなでフォークダンスを踊ったり、クリスマスケーキを食べたり、楽しい一日になりました。

 ☆12/13  園づくり協力者会議を開きました☆2018.12.28
 学期に1回ずつ、地域の方々、小学校の校長先生、内部地区民生委員さん、地域マネージャーさんなどに幼稚園にきていただき、幼稚園からは、園長とPTA会長が参加し、幼稚園での活動について、様々なご意見やアドバイスをいただいて、園運営に活かしています。
 地域の方々を幼稚園に惹きつける取り組みを工夫し、地域の力を活かして、子ども達を中心に据えて、大人も子どもも互いに高め合える場所にしてほしい、とお話をうかがいました。
 幼稚園では送り迎えの時に保護者の方々が、毎日顔を合わせることができます。子育てのことに限らず、ほんの小さなことでもおしゃべりすることがつながり合い、支え合う大切なことではないか、そして、そのつながりを是非、小学校へもつなげていって欲しいと教えていただきました。
 無事に2学期を終えることができるのも、皆様の支えのお陰と感謝しています。子ども達も本当に、心も身体も大きく成長し、楽しい楽しい2学期でした。本当にありがとうございました。
Page1 Page2 Page3 Page4 Page5 Page6 Page7 Page8 Page9 Page10
Page11 Page12 Page13 Page14 Page15 Page16 Page17 Page18 Page19 Page20
Page21 Page22 Page23 Page24 Page25 Page26 Page27 Page28 Page29 Page30
Page31 Page32 Page33 Page34 Page35 Page36 Page37 Page38 Page39 Page40
Page41 Page42 Page43 Page44 Page45 Page46 Page47 Page48 Page49 Page50
Page51 Page52 Page53 Page54 Page55 Page56 Page57 Page58 Page59 Page60
Page61 Page62 Page63 Page64 Page65 Page66 Page67 Page68 Page69 Page70
Page71 Page72 Page73 Page74 Page75 Page76 Page77 Page78 Page79 Page80
Page81 Page82 Page83 Page84 Page85 Page86 Page87 Page88 Page89 Page90
Page91 Page92 Page93 Page94 Page95 Page96 Page97 Page98 Page99 Page100
Page101 Page102 Page103 Page104 Page105 Page106 Page107 Page108 Page109 Page110
Page111 Page112 Page113 Page114 Page115 Page116 Page117 Page118 Page119 Page120
Page121 Page122 Page123 Page124
[最新の情報に更新]