幼稚園より

 ☆4/9 入園式☆2019.4.29
ご入園、ご進級おめでとうございます。内部幼稚園に新しい4歳児、さくら組さんが21名、入園しました。少し大きめの制服に身をつつみ、お家の方と一緒に、少し緊張した様子です。ホールでは一日前に進級式を終えた、5歳児、きく組さん25名が待っていてくれました。「おめでとう。これからいっぱい、一緒に遊ぼうね」先生たちの紹介を聞いたり、一緒にチューリップの歌を歌ったり、記念の写真を撮ったりして入園式をしました。
どんな一年が始まるのかな?どうぞよろしくお願いします。

 ☆1/29、30 発表会のリハーサルをしました☆2019.2.2
 2/5にうさぎ組、6にきく組の発表会をします。本番に向けて、気持ちの少しずつ高まってきています。
 うさぎ組さんは初めての発表会ですので、劇ごっこや楽器あそび、みんなで舞台の上に上がって歌うことが楽しくって仕方ない、といった様子です。
 きく組さんは昨年の経験がありますから、張り切っている子、緊張してしまう子と様々ですが、どの子も「頑張ろう!」という気持ちが伝わってきます。劇に使うお面も、自分の分は、自分で作ります。のりで貼って、乾かして、色を塗って・・・と何日もかけて作りますので、最後に目をつけて完成した時には、本当に嬉しそうです。
 少し長いお話しですので、ストーリーを追ってお話を進めていきます。自分の出番だけでなく、友達の手伝いをしたり、幕を締めたり、道具を運んだりとみんなで劇を作り上げるその姿は、入園当初の姿から本当に成長したと感慨深いです。当日はどうか、みんなが元気で出られますように。みんなの力が発揮され、素敵な発表会になりますように・・・。

 ☆キウイの木も元気です☆2019.2.2
 はげまし隊さんに、園舎横のキウイの木の剪定をお世話になりました。昨年11月頃に40個ほどのキウイを実らせた木。伸びた枝を芽の出てくるところを残しながら、剪定していただきました。「枝は元気そうだよ」と教えていただき、また、春に花を咲かせるのが楽しみです。その日はリンゴと一緒に寝かせてあった最後のキウイを、お弁当の時にいただきました。とっても甘く熟していましたよ。
 剪定が終わり、お茶を飲んで休んでいただいていると、コマを持った5歳児の様子を見て「どれ、回せるか?」コマ名人のはげまし隊さんが教えてくれます。「投げたらあかん、そっと置く感じやぞ」「ひもはすぐ、ひく」などなど、熱い指導が続き、子ども達もコマが回せるようになりたくて、はげまし隊さんが上手に回す様子を、真剣な表情でみていました。学ぶ、は真似ぶ。「やった〜、見て、回った!!」みんなで喜び合いました。あれ?キウイよりもコマ教室の方が長かったかな・・・?

 ☆寒さに負けず、元気に遊ぶ子ども達です☆2019.2.2
 寒さが一段と厳しくなってきています。幼稚園でもインフルエンザA型が流行し、4歳児が3日間の学級閉鎖をさせていただきました。
 それでも、幼稚園に登園してくると、「お外に行ってきま〜す」と元気いっぱいです。5歳児きく組さんは、テレビの逃走中にでてくるハンターのまねっこをして、自分たちで追いかけっこのルールを考え、追いかけたり、隠れたり園庭を走り回って遊んでいます。4歳児うさぎ組さんは今まで、きく組さんのリレーごっこに入れてもらっていましたが、走ることが楽しくって、自分たちでも始めるようになりました。先日、きく組さんはホールに行っており、誰もいませんでした。「先生、リレーがしたい」とうさぎ組さん。「リレーのバトン、あの部屋のあそこにあるんやけど・・」年長さんの保育室なので、入るのは遠慮している様子。子どもの言った場所を見てみると、ありました、ありました。どこにしまうのかもちゃーんと見ているのですね。驚きました。「うん、それそれ」と言わんばかりにはちまき等が入ったカゴを受け取ると、早速リレーごっこが始まりました。年長さんのように走ることがただ嬉しくてチーム分けや順番は・・・、まだまだのようです。

 ☆1月生まれのお友達の誕生会にスペシャルゲストが登場!☆2019.2.2
 内部幼稚園では、内部中学校区の先生方と一緒に「学びの一体化研修会」をさせていただいています。その一環として、中学校の上野先生に幼稚園にきていただき、5歳児きく組さんに歌唱指導をしていただきました。
 「歌を歌うときは息をいっぱい吸い込むといいよ」一言教えていただくと、子ども達の歌声が変わりました。「虹がかかったよ〜」って、みんなどんな虹がかかったのかな?寂しくて、泣き出しそうなときってどんな気持ちだろう?・・・と、歌詞のひとつひとつにアドバイスをいただくと、自然と歌の中に入り込んでいき、上野先生と一緒に歌うと子ども達はとっても楽しそうです。私達もこんな指導ができるようになりたい!と勉強になりました。素直な子ども達は、先生のお話を聞くと、始めの歌とはまるで違っていて、歌で表現を楽しんでいました。
 その後の誕生会では、上野先生に、得意のサックスを披露していただきました。職員のピアノとのセッションを、お迎えの保護者の方々の一緒に聴かせていただき、素敵なひとときが過ごせました。本物も楽器の音の大きさにびっくりする子もいました。上野先生、また来てくださいね。
Page1 Page2 Page3 Page4 Page5 Page6 Page7 Page8 Page9 Page10
Page11 Page12 Page13 Page14 Page15 Page16 Page17 Page18 Page19 Page20
Page21 Page22 Page23 Page24 Page25 Page26 Page27 Page28 Page29 Page30
Page31 Page32 Page33 Page34 Page35 Page36 Page37 Page38 Page39 Page40
Page41 Page42 Page43 Page44 Page45 Page46 Page47 Page48 Page49 Page50
Page51 Page52 Page53 Page54 Page55 Page56 Page57 Page58 Page59 Page60
Page61 Page62 Page63 Page64 Page65 Page66 Page67 Page68 Page69 Page70
Page71 Page72 Page73 Page74 Page75 Page76 Page77 Page78 Page79 Page80
Page81 Page82 Page83 Page84 Page85 Page86 Page87 Page88 Page89 Page90
Page91 Page92 Page93 Page94 Page95 Page96 Page97 Page98 Page99 Page100
Page101 Page102 Page103 Page104 Page105 Page106 Page107 Page108 Page109 Page110
Page111 Page112 Page113 Page114 Page115 Page116 Page117 Page118 Page119 Page120
Page121 Page122 Page123 Page124 Page125 Page126
[最新の情報に更新]