ようこそ西陵中学校のホームページへ
 

お知らせ

新型コロナウイルス感染症に係る臨時休業により、未履修の学習範囲に対応するための授業時間の確保と学習方法として以下を計画しています。

1.臨時休業に伴う授業時間の確保(赤字は授業増日数・時間)
 (1) 長期休業期間の短縮による授業日数の増加
  ①夏季休業… 8月 1日(月)~ 8月23日(日) 〔当初: 7/21~ 8/31〕   +13d
  ②冬期休業…12月26日(土)~ 1月 7日(木) 〔当初:12/24~ 1/ 7〕   + 2d
 (2) 日々の教育活動の工夫による授業時間の創出
  ①行事の見直し・工夫
   ・1学期中間テスト
     学校再開後授業日数が短いため中止   + 2d
   ・1学期期末テスト
     最終日テスト後に授業実施   + 2h
   ・学校式典(始業式・終業式)
     授業(3~4限)実施   + 7h
   ・1学期三者懇談会
     夏季休業期間に実施(8/4~6)   + 9h
   ・学校行事(体育祭・文化祭等)
     準備・取組日程の短縮   + α
  ②日課の工夫
   ・週時間数の増加
     水曜日5限⇒6限(当面概ね週実施)6月4回・7月2回   + 6h
     月曜日6限⇒7限(当面月1~2回)6月1回・7月2回   + 3h

2.学校再開後の令和2年度の各教科単元学習計画
 (1) 前年度(令和元年度)積み残し学習内容の実施
    4月当初と5月学校再開後直ちに実施
 (2) 当該年度(令和2年度)内容の完遂
    年間計画の見直し(5/25シラバス公開)
 (3) オンライン学習「学んでE-Net!」の活用
    家庭での自主学習としての活用
    授業の復習としての活用
 (4) GIGAスクール構想によるタブレットPCの活用