令和3年度

今日の河原田小学校 >> 記事詳細

2021/06/14

四日市空襲

| by 学校職員
第2次世界大戦の終盤に、ヒロシマやナガサキに原爆が落とされたことは多くの皆さんが知っていると思いますが、この四日市にも空襲があったことを知っているでしょうか?

昭和20年(1945年)6月18日午前0時45分、四日市の街中に焼夷弾(発火性の薬剤を入れた爆弾。家や工場などを焼き払う目的で使用)が落とされました。
真夜中の約1時間半にわたる無差別攻撃で、使われた焼夷弾は11,000発を越え、市全体の約3分の1が焼失し、焼け野原となりました。


この日以来、8月8日まで合計9回の空襲があり、工場をはじめ、市街地は壊滅的な被害を受けました。
これらの空襲での人的な被害は、死者800人以上、負傷者1700人以上、被災者49,000人以上と言われています。


今週金曜日は、四日市空襲から76回目の6月18日です。
平和を考える1週間にしてみませんか?

挿絵は
 「四日市にも戦争があった ~四日市空襲の記録~」  
    編集・発行 四日市空襲を語りつぐ会
から、許可を得て、掲載しました。


12:31

新着情報