興譲の精神を育むために
めざす学校の姿
興譲」の意義を受けつぐ
"保護者・地域とともに育つ学校"
  ~保護者・地域に信頼される
学校をめざして~

めざす子どもの姿
【3つの掟】
    「勤勉な子」
「仲よく協働する子」
「親切な子」
令和6年度大矢知興譲小 学校づくりビジョン.pdf

学校いじめ防止基本方針
令和5年度学校いじめ防止基本方針.pdf
 

学校基本情報

〒510-8034
三重県四日市市大矢知町
        1212番地

Tell 059-361-0136

最寄駅
 三岐鉄道 大矢知駅
  (徒歩5分)
 

カウンタ

COUNTER442486

R3 学校のようす

R3 学校のようす >> 記事詳細

2022/02/15

次の課題はローマ字入力

| by 管理職
 写真は5年生の教室です。授業の予定内容が少し早く終わった数分間、取り組み始めたのがローマ字入力の練習です。
 
 今さら「ローマ字入力」と思われる方もあるでしょうが、実は四日市市で使っているタブレットPCには「スカイメニュー」というソフトが入っていまして、これを授業中に使うと、次の写真のように画面の下の方に専用ペンで字を書くと、それを認識して文字にしてくれるのです。

 写真では2年生が「耳」と書いているところですが、速い子になると低学年でも手書きとおなじくらいのスピードで入力できます。
 しかし、スカイメニューが使えるのは四日市市立の学校に通っている間だけ。ゆくゆくはローマ字入力が必要になるため、本校高学年の新たな目標は「ローマ字で速く打てるようにしよう」です。今のタイピング練習ソフトは楽しくできており、回転寿司のお皿にのって入力の課題が提示されたりします。

 仕上げは国語教科書の本文を、一文字たりとも間違えずに入力してみる練習でした。タイトルは『大造じいさんとがん』。「残雪は、がんの群れを率いて、ぬま地にやってきました。・・以下続く」と1分間でどれだけ打てるかを試して、この時間は終了しました。

 ローマ字入力をマスターしておくと、英文を入力する時にも役立ちます。世界を相手にコンピュータを使っていくであろう子どもたちのツールになると考えています。
19:39