ようこそ西陵中学校のホームページへ
 
学校から >> 記事詳細

2019/05/27

熱中症の対策

| by 西陵中HP管理者
ここ数日間、夏を思わせるような天気の日々が続きました。
このような暑さの中では、やはり「熱中症」が心配されますし、実際に「熱中症」により病院へ救急搬送されたというニュースを耳にします。
熱中症とは、暑熱環境下で起こる身体の適応障害の総称で、体内の水分や塩分(おもにナトリウム)の喪失、身体の調整機能の破綻により発症する障害のことをいいます。
熱中症を防ぐには、以下の対策が考えられます。
・こまめに休憩をとる。
・十分な睡眠をとる。
・こまめに水分を補給する
・徐々に暑さに慣らす(短時間で軽めの運動から始める)
・できるだけ薄着にする
・直射日光は帽子で避ける
特に適切な水分補給は、子どもの熱中症を防ぐ大切なポイントです。
水分補給に関して、お茶や水だけでなく、スポーツドリンクや経口補水液等が考えれますが、市販されているスポーツドリンクは、ナトリウム分が少なく糖分が高いといわれています。
大量の汗をかく運動時等には、スポーツドリンクよりも経口補水液により水分&塩分を補給することが望ましいと言われていますので、家庭でもできる経口補水液の作り方を以下に記しておきます。

<経口補水液の作り方>
水1Lに対し
・食塩…3g,砂糖…40gまたはブドウ糖…18g
・グレープフルーツなどを加えると美味


13:00 | 学校から