四日市市立内部中学校 教育目標 「知性豊かに 心さわやか たくましく生きる」        

 

 
学校の様子 >> 記事詳細

2018/11/06

三泗中学校駅伝競走大会にて本校の底力発揮! 

| by 内部中HP管理者
 四日市・三重郡の各中学校が駅伝チームを結成し、伊坂ダムサイクルパークにおいて、本日、三泗中学校駅伝競走大会が開催されました。朝は前日からの雨が残り、コンディションが心配されましたが、女子のスタートのころには雨も上がり、良いコンディションの中で行われました。
 
 本校も全校生徒から選手候補を募り、体力と強い心のあるメンバーで駅伝チームを結成しました。中体連新人大会が終了してから本格的な練習が始まり、練習を重ねる中で、選手たちの心の中では様々な葛藤もありましたが、励ましあいながら、この日を迎えました。
 10時30分に女子がスタート。1区には1年生今村さん。各校のエースが集まる1区だけに緊張もあり、出遅れました。2区以降も強豪ぞろいでしたが、2区2年生河村さん、3区、4区を3年生宮本さん、佐藤さん、最終5区を2年生副島さんがしっかりとタスキをつなぎ、徐々に順位を上げ、18位でゴール。各自がベストタイムで激走。県大会出場とはなりませんでしたが、よく健闘してくれました。
 

 続いて、12時に男子がスタート。花の1区を3年生金森さんが任され、トップと13秒差と、好位置(6位)で、タスキをつなぎました。
 
 
2区2年生伊藤さんが区間2位で激走。その後も3区3年生橋本さん、4区2年生石田さん、5区2年生松田さんへとベストタイムでタスキをつなぎ、最終6区1年生本巢さんにタスキを託されました。3位と4位のデッドヒートの末、3位でゴール。4年連続県大会出場となりました。おめでとう!
 
 男子も女子も健闘しました。感動をありがとう。なお、県大会は伊勢で11月18日(日)に行われます。
 
14:55