警報発令時等の対応


警報等の発表時における安全確保について(H30.4改訂版).pdf

1 暴風警報、暴風雪警報、大雪警報

発表された場合

解除された場合

時刻
対応
時刻
対応
7:00まで
自宅待機 (注1)
7:00まで
通常通り登校(注2)
大雪警報                      積雪の状況を判断し必要な措置をとる(注2※)
登校後
学校は状況を判断し、
必要な措置をとる(注3)
7:00を経過
臨時休校

(注1)自宅待機の際の留意点について
        保護者が家庭にいない生徒については、平素から最寄りの知人等に保護をお願いしておいてください。

(注2)登校の際の留意点について
         通学路の安全を確認し、平常通り授業が実施されるように努めますが、解除後も災害が著しい等、登校に危険が予想される場合は、臨時休校、登校時間を遅らせる措置をとります。
 
※ 大雪警報発表時の対応
 暴風警報等と異なり、大雪の場合は大雪警報が解除された後も積雪の状況により登校が困難になることも想定されるため、臨時休校等の措置をとります。
その際、学校敷地内の適切な場所を観測地点として、その場所の積雪量が一定基準 (大雪警報に準じて20センチメートル程度)に達する場合に臨時休校とします。
*四日市市を含む三重県北部において、大雪警報は12時間の予想降雪量が20センチメートルに達するときなどに発表されます。


(注3)授業中に次の警報・注意報が発令された場合は、以下のような措置を取ります。
   ○暴風警報の場合 暴風雪警報の場合
    通学路における危険個所の安全、周辺の風雨の状況、災害の状況を確認し、下校に際しての安全が確認できた場合は帰宅させます。ただし、安全確認ができていない場合は、学校に残留させるなどの措置を取ります。  
   ○東海地震注意情報または予知情報(警戒宣言)の場合
     保護者または保護者代理の出迎えのあるまで学校待機をとり保護します。必ず迎え をお願いします。

2 特別警報(大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪)、大津波警報、震度5強以上の地震発生、噴火警報に対する対応

発表された場合

時刻

対応

7:00(登校前)まで

臨時休校

(*津波・高潮・波浪に関しては対象地区のみとするが、対象地区以外でも、命にかかわる危険が迫ることが予想される場合は公的機関の指示や各自の判断に委ねる)

○ 登校はせず、市災害対策本部など、公的機関の指示に従い、身の安全の確保に努める。(ただちに命を守る行動をとる)  

(具体的には)

・周囲の状況に注意して速やかに避難場所へ

・外出が危険な場合は家の中の安全な場所へ(津波・高潮以外)

登校後

学校待機

○ 児童生徒の身の安全を確保するとともに、避難場所への速やかな誘導や校内の安全な場所への移動など、必要な措置をとる。(ただちに命を守る行動をとる)(注4)

*保護者と緊密な連絡をとる等適切な処置をとり、安全確保の上で出迎えの保護者に引き渡す。

※ 特別警報解除後(翌日以降)は、周囲の状況に注意して登下校を行うが、状況に応じて、校長の裁量で臨時休校の措置をとります。この場合は教育委員会にその旨連絡します。

※ 登校後に特別警報が解除された場合は、その後の気象状況等の情報を収集するとともに、通学路等周囲の安全を十分に確認の上、保護者の出迎えなども含めた下校措置等の適切な処置をとります。

    

(注4)

【震度5強以上の地震発生、噴火警報の場合】

○ ただちに身の安全の確保に努め、保護者または保護者代理の出迎えのあるまで学校待機をとり保護します。 

*保護者の代理の方にお願いする場合は、確認を取らせていただきます。 

*警報発令や学年・学級閉鎖に伴う臨時休校の場合、デリバリー給食は、キャンセルできませんのでご理解願います。 

*周辺道路の混雑が予想されますので、交通ルール・マナーに従った行動をお願いします。 

*警報・注意報の発令や解除に対する対応は、「すぐメール」「笹川中学校ホームページ」を使って情報を発信していきます。



 

カウンタ

COUNTER66813

新着情報

 

モバイル用

モバイル笹川中はこちら
http://www.yokkaichi.ed.jp/sasagawa/