令和3年度

今日の河原田小学校 >> 記事詳細

2021/10/22

【校長先生からの問題 その8】 計算の工夫①

| by 学校職員
急に寒くなりました。
体調を崩さないように、気を付けてください。
丈夫な体を作るには、トレーニングをして「身体を鍛えること」も1つの方法です。
数学的な思考力を養うにも、トレーニングが必要です。
【校長先生からの問題】にチャレンジし、頭のトレーニングをしてみましょう。

今回も平成31年度の全国学力・学習状況調査からの問題です。
3年生にはちょっとむつかしいかもしれませんが、3年生以上の皆さんの挑戦をお待ちしております。
全部できなくても、途中まででもいいですよ。

421-298を計算する場合、普通に計算すると、繰り下がりが2回もあり、計算がややこしくなりミスがおこりやすくなります。
そこで、次のような方法があります。

ひき算では、「ひく数」にも「ひかれる数」にも同じ数をたしても(ひいても)、その差(答え)は変わらないことを利用しています。

この考え方を使って、次の問題を工夫して計算しましょう。
工夫が分かるようにノートに書きましょう
【1】767-699
【2】350-97

わり算についても、同じような考え方ができます。
つまり、わり算では、「わる数」にも「わられる数」にも同じ数をかけたり、割ったりしても、その商(答え)は変わりません。
次の問題を工夫して計算しましょう
【3】2500000÷50000
【4】180÷0.6
これらの計算の工夫は、普段からやっていますね。
では、次の問題はどうでしょう。
【5】1200÷25 
ヒント:25×4は、とてもシンプルな数になります。
    これを覚えておくと、いろいろな場面で役に立ちますよ。


過去の問題はこちら。
考えがまとまったら、ノートに書いて持ってきてくださいね。
どの問題も、制限時間はありませんので、いつでもいいですよ。

【校長先生からの問題 その1】魔方陣【校長先生からの問題 その4】雨の量
【校長先生からの問題 その5】リーグ戦の試合数
【校長先生からの問題 その6】面積の求め方いろいろ
【校長先生からの問題 その7】九九なぞなぞ




16:00

新着情報