お知らせ

~本校の状況と多文化共生の学校づくり~

本校は、外国につながる生徒(ブラジルやペルー等から来日した日系人)が全校生徒の約3割を占め、外国人生徒受け入れ拠点校に指定されています。国際教育担当の教員や適応指導員が数多く配置されていて、日本人生徒にとっても多彩な先生の指導の下で、外国につながる生徒と共に、毎日の教育活動に励むことができる環境となっています。
約3割の外国につながる生徒と約7割の日本人の生徒が共に学んでいる本校の状況は、今後の日本や四日市市の国際化の在り方・進め方、多文化共生の学校づくりの方向性を考える上でのモデルとなりえるわけで、本校の状況を強み・チャンスとして捉え「多文化共生教育」を強く推進していくことが重要であると考え、この生徒が主体となった『多文化共生サークル』を立ち上げることなりました。
 

日誌

多文化共生サークルトピックス
12
2018/10/24

読売新聞取材

| by 教員

10月23日に読売新聞社の取材を受けました。
本年度の取材は、中日新聞、NHKに続き3回目です。
取材では多文化共生サークルに入ったきっかけや、活動で印象に残ったことなどを聞かれました。
記事は11月上旬に掲載予定です。

08:30
2018/10/01

本校多文化共生サークルがNHKの取材を受けました

| by 学校長
 9月末、本校多文化共生サークルがNHK津放送局の取材を受けました。
 ちょうど、来年度には「平成」にかわって新しい元号となります。NHK津放送局では、「まるっと!みえ」という番組の中で、約30年間の平成の間にあった大きな変化のうち、三重県では外国人住民が増えて多文化共生が進展している地域があることを取り上げるとのことで、笹川地区にある本校も取材を受けることになりました。
 まず、9月27日(木)の放課後、NHK津放送局ディレクターの方が来校し、本校の多文化共生サークルが取材を受けました。この日は9月29日(土)に行われる「みんなの防災セミナー2018」で行う防災迷路づくりの様子を見ていただき、後でメンバーがインタビューを受けました。
 次に、9月29日(土)の午前中、本校体育館で開かれた「みんなの防災セミナー2018」で積極的に活動している多文化共生サークルの生徒の様子について取材を受けました。
 放送は、10月11日(木)18:30~NHK「まるっと!みえ」の予定ということです。ただし、他に大きなニュース等が入った場合、放送は延期されるとのことです。

14:52
2018/10/01

多文化共生サークル生徒が様々な仕事を担当「みんなの防災セミナー」

| by 学校長
  9月29日(土)に開かれた「みんなの防災セミナー2018」で、多文化共生サークル生徒は、下の写真のように様々な仕事を担当するなど、積極的に活動しました。


09:57
2018/10/01

、「みんなの防災セミナー2018」開催

| by 学校長
 9月29日(土)の午前中、「みんなの防災セミナー2018」が本校で開かれました。
 準備、あいさつのあと、4ブースに分かれて、「救急救護法」「地震体験車・煙ハウス・水消火器体験」「非常持ち出し品・備蓄品の展示解説、イエロークロスの説明、防災迷路体験(多文化共生サークル担当)」「防災用品の使い方(簡易トイレ・発電機・リヤカー等)」の訓練等を行いました。
 その後、テーマ:「防災」~災害時に今までとった行動は正しかった?~について8グループに分かれてディスカッションを行い、多文化共生サークル生徒がグループ発表等を担当しました。最後に、非常食の試食をして解散となりました。




09:07
2018/07/10

多文化共生サークル ジュニアサポーター養成講座第1回

| by 教員
7月9日(月)の放課後、多文化共生サークルのミーティングが開かれました。今回は多文化共生サロンの喜屋武さんと早野さんから、「防災セミナー」の企画運営についてお話しいただきました。今回のミーティングは笹川地区のジュニアサポーター養成講座の1回目です。地域の防災のために今から様々な取り組みを行っていく予定です。


07:39
2018/06/23

キャリア教育パネルディスカッション

| by 学校長
 本日23日(土)、本校は「土曜授業」を行い、3~4限目に全校生徒が体育館に入って「キャリア教育パネルディスカッション」を開催しました。
 今年度は通算3回目となり、タイトルは「“住みたいまち笹川”のためにできることは ~ふれあい事業を通して考えよう~」。これまでのように、本校卒業生で笹川地区在住の社会人、大学生、高校生、そして本校生徒2名がパネラーとして舞台に上がり、ふれあいまつりを中心とした地区行事と自分とのかかわりについて話し合いました。進行等は本校の多文化共生サークルの生徒が担当しました。



16:54
2018/06/20

キャリア教育パネルディスカッションに向けて

| by 学校長
  6月23日(土)3~4限目に「キャリア教育パネルディスカッション」を行います。
 このパネルディスカッションに向けて、昨日19日(火)の放課後、多文化共生ルームで事前打ち合わせ会を開きました。コーディネーターをしていただく四日市市教育委員会人権・同和教育課の相馬課長、本校卒業生の高校生パネラー1名、本校多文化共生サークル代表のパネラー2名とサークル生徒3名、多文化共生モデル地区担当コーディネーター2名、本校教員2名が集まり、当日の時間や進行、内容等について打ち合わせました。



13:22
2018/05/22

再び中日新聞に記事が掲載されました

| by 学校長
 先日15日(火)、中日新聞朝刊に本校の多文化共生サークルの記事が掲載されましたが、昨日21日(月)の中日新聞朝刊(15ページ、「波の詩」)にも再び記事が掲載されました。
 この記事の中では、多文化共生サークル所属生徒2人の意見「国籍は関係なく、生徒たちはみんな協力し合っている」「地域の人から『ありがとう』と感謝されることが達成感につながる」が紹介され、最後に、「外国人と共生する社会へ、笹川の子どもたちから学ぶことも多い」と結ばれています。


08:47
2018/05/15

中日新聞に本校の多文化共生サークルの記事が掲載

| by 学校長
 先日、本校の多文化共生サークルが中日新聞記者の取材を受けたことを紹介しましたが、本日15日(火)の中日新聞朝刊に本校の多文化共生サークルの記事が掲載されました。
 タイトル・みだしは、わが校のイチ押し「ルーツを認め合う-四日市・西笹川中 多文化共生サークル」とされ、本校の概要、多文化共生サークルの発足の状況、年間の活動の様子、メンバーの考えや決意が掲載されています。
 中日新聞笹川専売所杉戸新聞店をはじめ近隣の中日新聞専売所のご厚意で、本日全校生徒に1部ずつ配付しましたので、各ご家庭でも読んでいただくとありがたいと思います。



13:07
2018/05/02

本校多文化共生サークルが中日新聞の取材を受けました

| by 学校長
   昨日5月1日(火)の放課後、本校の多文化共生サークルが中日新聞記者の取材を受けました。これは、中日新聞が県下で特色のある活動を行っている中学校を連載記事で紹介するということで、四日市市市教育委員会を通じて本校の多文化共生サークルの活動が紹介されたことによるものです。
  昨日、中日新聞四日市支局兼菰野通信部所属の記者の方が来校し、ちょうど本年度第1回の会議(結成式)の様子を見ていただき、後で部長等がインタビューを受けました。下の写真は、多文化共生サークル結成式の様子と部長等へのインタビューの様子です。


13:08
12