四日市市立羽津小学校
 

学校の様子

令和4年度 >> 記事詳細

2022/09/15

PTA講演会「いのちの灯りを灯して」

| by 羽津小管理職
 9月15日(木)、授業公開終了後にPTA講演会を、羽津地区まちづくり推進協議会との共催で実施しました。
 いのちの言葉プロジェクト(代表:鷲見三重子さん)のみなさんから、人形劇を用いて子どもたちにもわかりやすく伝えていただきました。5・6年生も一緒に聞かせていただきました。

 平成9年、当時、高校2年生だった息子の拓也さんを交通事故で亡くされました。拓也さんの後輩に「先輩のことを伝えたい」と言われ、多くの人に励まされて、「いちばん大切なもの、いのちを伝えたい」と「生命のメッセージ展」を開催。その後、鈴鹿国際大学、桑名市立益世小学校、三重大学、皇学館大学など、県内各地で「いのちの大切さ」と「事故や犯罪の防止」を訴え続けておられます。今では「いのちの灯り」を灯しながら、小学校での人形劇の上演も開催しています。(案内チラシから抜粋)


14:14