日誌

ソフトテニス部トピックス
12345
2019/02/11

練習試合@鈴鹿市営

| by 教員
二日連続での鈴鹿市営コートとなりました。
穏やかな天気です。
今日は男子の練習試合。
嬉野、千代崎、創徳の4校、個人戦エスカレータ形式で進めました。
かなり高い目標での試合でしたが、選手たちがよく考えて戦おうという意思がみられたのが何よりの成果ですね。
13:49
2019/02/11

シングルス選手権県知事杯@鈴鹿杜

| by 教員
先月、積雪のため順延したシングルス戦が行われました。

佃●0-3竹本(赤目)

緊張?考えすぎ?
いつものショットにさえがなく、簡単にミスが続く状況でした。
さすがに本人の落ち込みが気になりましたが、この経験を糧にしてさらなる飛躍を期待します。


h30_singles_b.pdf
10:53
2019/02/10

ナカミーカップ1年生男女混戦研修大会@鈴鹿市営

| by 教員
1年生の男女が集まり、エスカレータ方式の個人戦を行いました。
西笹川の1年生男女も勝ったり負けたりから、足りないものを学ぶよい機会となりました。
16:45
2019/02/03

ヨネックス杯男子@四日市ドーム

| by 教員
昨日の女子に引き続き、男子ヨネックス杯が、県内外の強豪選手を招聘して行われました。

<予選リーグ>
黒木・佃
○3-1谷口・早川(一身田)
○3-0岩口・生田(名張北)
  →決勝トーナメント

川村・本郷
○3-0杉野・市川(白鳥)
●2-3伊藤・伊藤(長島)
  →2位トーナメント

西・齋藤
●0-3岸本・安井(陵成)
●0-3勢力・本田(白子)
  →予選敗退

<決勝トーナメント>
1回戦 黒木・佃●0-4福井・石灘(田原)

<2位トーナメント>
1回戦 川村・本郷○3-0森・田中(崇広)
2回戦 川村・本郷●0-3杉村・山田(神戸)

【男子予選リーグ】

【男子決勝・2位トーナメント】
16:25
2019/02/02

ヨネックス杯女子@四日市ドーム

| by 教員
他地区・他県からの強豪選手を招聘し、三泗地区のレベルアップを図っての大会が行われました。
各校3ペア、西笹川からは山下・宮村、松野・生川、篠原・高山が出場しました。

<予選リーグ>
山下・宮村
○3-2石川・井田(楠)
●1-3杉本・鈴木(白子)
  →2位トーナメント

松野・生川
●0-3西田・伊藤(西朝明)
●1-3大西・松本(高田)
  →予選敗退

篠原・高山
●1-3服部・赤龍(長島)
●0-3西岡・西村(大台)
  →予選敗退

<2位トーナメント>
1回戦 山下・宮村●0-3星合・福田(正和)


【女子予選リーグ】

【女子決勝・2位トーナメント】
15:45
2019/02/02

津市部長杯男子@市営古道、橋南中学校

| by 教員
津地区主催の団体戦に招待していただきました。
朝早くのJR南四日市は、ことのほか冷え切っています。



<予選リーグ>
●1-2嬉野
●1-2久居西
  →3位トーナメント

<3位トーナメント>
1回戦 ○3-0橋北B
2回戦 ●1-2一身田B
10:35
2019/01/27

シングルス県知事杯@鈴鹿杜

| by 教員
昨夜からの雪にすっぽり包まれた県北勢地域。
雪道での混雑を予想してなるべく早めの到着で動いたのですが...。
やはりくるぶしまで埋まる雪では試合はできず、順延となりました。
2月11日(祝)が予備日です。


08:14
2019/01/26

ナカミーカップ@鈴鹿市営

| by 教員
寒風吹きすさぶ鈴鹿市営コートで、ナカミーカップに女子が招待していただきました。
エスカーレータ方式の進行で、勝ちにつながる結果を残すことはなかなか難しい状況でしたが、自分たちの実力や強い相手にどう戦うかを考えるきっかけとなりました。


09:10
2019/01/13

ウィンターリーグ男B2nd@西朝明

| by 教員
雲ひとつない青空、遠い山並みは雪化粧。
最高のコンディションでウィンターリーグを開くことができました。

●2-3中部
●2-3西朝明
○3-2朝明

全勝の中部が文句なく1位。
三校が1勝2敗で並ぶ結果となりましたが、得失試合でも同数のため、勝利数で判断。
その結果、2位西朝明、3位西笹川、4位朝明となりました。

とにかくラリーが続かない、前衛のミスショットの連続、そしてボール1球を大切にする執着心が今後の課題のようです。
17:33
2019/01/12

近県中学生選抜研修大会@桑名NTN

| by 教員
強豪校ひしめく大会に招待をいただき、参加させていただくことになりました。
キャプテンを体調不良で欠きつつも、意欲は十分なようです。

予選リーグ
●0-3長島(桑員)
●0-3乙川(愛知)
Bリーグ3位

決勝トーナメント
1回戦 ●0-2白子(鈴亀)

相手のストロークがよいのと、自分たちの準備不足で、とにかくストロークが続かない。
相手の得点が続くと、意気消沈してしまうのも心配です。

多度中と練習マッチを行い、辛うじて1勝して帰路につきました。
16:39
12345