四日市市立山手中学

〒510-0805                 緊急用QRコード
三重県四日市市大字東阿倉川70



 めざす学校像 : 笑顔希望にあふれる学校
 めざす生徒像 : 美しいものに感じ、自分他者大切にする生徒
 

お知らせ

学校感染症による出席停止解除における手続きの変更について

10月1日よりお子様が対象となる感染症(別紙参照)かかったと思われる場合、従来通り必ず医師の診断を受け学校へ連絡して下さい。いままでの出席停止の解除にかかる証明書の提出は不要です。
ただし、連絡のない場合は学校長による出席停止の判断ができません。


【出席停止から解除までの流れ】
①病院を受診し、医師の診断を受ける

②出席停止の感染症と診断

③主治医から出席停止解除の目安等の指示を受ける

④学校へ連絡

⑤医師の指示に従い休養する(登校の目安をかかる)

⑥治癒したら登校する

⑦登校時に健康観察し、出席停止の解除 
(登校にあたって治癒証明書の提出は不要です)


学校(がっこう)感染症(かんせんしょう)とその出席(しゅっせき)停止(ていし)期間(きかん)            

分類

感染症(かんせんしょう)種類(しゅるい)

出席(しゅっせき)停止(ていし)期間(きかん)基準(きじゅん)

第1種

・エボラ出血熱(しゅっけつねつ)、クリミア・コンゴ出血熱、(とう)そう、南米(なんべい)出血熱(しゅっけつねつ)、ペスト、マールブルグ病、ラッサ(ねつ)急性(きゅうせい)(かい)(はく)髄炎(ずいえん)、ジフテリア、重症(じゅうしょう)急性(きゅうせい)呼吸器(こきゅうき)症候群(しょうこうぐん)中東(ちゅうとう)呼吸器(こきゅうき)症候群(しょうこうぐん)特定(とくてい)(とり)インフルエンザ

 治癒(ちゆ)するまで

 

 

 

 

 インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを(のぞ)く。)



 

 百日(ひゃくにち)(ぜき)

 

 


 ()しん(はしか)

 流行性(りゅうこうせい)耳下腺炎(じかせんえん)
(おたふくかぜ)

 


  ふうしん(三日みっかはしか) 


 水痘(すいとう)(みず)ぼうそう)

 

 咽頭(いんとう)結膜熱(けつまくねつ)
(プール(ねつ)

 

 結核(けっかく)(ずい)膜炎(まくえん)菌性(きんせい)(ずい)膜炎(まくえん)

 発症(はっしょう)した(あと)5日(いつか)経過(けいか)し、かつ、解熱(げねつ)した(あと)2日(幼児(ようじ)にあっては3日)を経過(けいか)するまで

 

 特有(とくゆう)(せき)消失(しょうしつ)するまで(また)5日間(いつかかん)適正(てきせい)抗菌性(こうきんせい)物質(ぶっしつ)製剤(せいざい)による治療(ちりょう)終了(しゅうりょう)するまで

 

 解熱(げねつ)した(あと)3日を経過(けいか)するまで

 

 耳下腺(じかせん)顎下(がっか)(せん)(また)舌下(ぜっか)(せん)腫脹(しゅちょう)発現(はつげん)した(あと)5日を経過(けいか)し、かつ、全身(ぜんしん)状態(じょうたい)良好(りょうこう)になるまで

 

 (はっ)しんが(しょう)(しつ)するまで

 

 すべての(はっ)しんが()皮化(ひか)するまで

 

 主要(しゅよう)症状(しょうじょう)消退(しょうたい)した後2日を経過するまで

 

 病状(びょうじょう)により(がっ)(こう)()その()医師(いし)において感染(かんせん)のおそれがないと(みと)めるまで

※ただし、結核(けっかく)(ずい)膜炎(まくえん)菌性(きんせい)(ずい)膜炎(まくえん)(のぞ)(だい)(しゅ)感染症(かんせんしょう)については、病状(びょうじょう)により学校(がっこう)その()医師(いし)において感染(かんせん)のおそれがないと(みと)めたときは、この(かぎ)りではありません。

3種

・コレラ、細菌性(さいきんせい)赤痢(せきり)腸管(ちょうかん)出血性(しゅっけつせい)大腸(だいちょう)(きん)感染症(かんせんしょう)(ちょう)チフス、パラチフス、流行性(りゅうこうせい)(かく)結膜炎(けつまくえん)急性(きゅうせい)出血性(しゅっけつせい)結膜(けつまくえん)

・その()感染症(かんせんしょう)

 (びょう)(じょう)により(がっ)(こう)()その()()()において(かん)(せん)のおそれがないと(みと)めるまで