データベースが作成されていないか、作成されたデータベースが非公開扱いになっています。
四日市市立山手中学

〒510-0805                 緊急用QRコード
三重県四日市市大字東阿倉川70



 めざす学校像 : 笑顔希望にあふれる学校
 めざす生徒像 : 美しいものに感じ、自分他者大切にする生徒
 

新着情報

 

学校からのお知らせ

学校
12345
2019/01/18new

三泗小中書写展

| by 山手中     
第53回 三泗小・中学校書写展覧会が、1月19日(土)~22日(火)(21日は休館日、最終日22日は午後3時まで)の期間、四日市市文化会館 第1展示室で行われます。
三泗小中書写展覧会


本校からは、次の20名の作品が展示されています。
ぜひ足をお運びください。
1年生
山中 莉湖さん  内山 夏子さん  中野 響さん    
井上 虹那さん  柴田 彩矢さん  川北 菜結さん
生川 和瑚さん

2年生
石見 茉央さん  中村 流星さん  中原 拓明さん   
古市 勇太さん  高橋 葵さん   柴原 巧歩さん
小林 茉椰さん

3年生
原田 和佳さん  堤 梨乃さん   若林 栞さん
石水 美宇さん  児玉 千桜さん  名越 愛夏さん


13:24
2019/01/17new

【3年生】面接練習

| by 山手中     
 本日、3年生の卒業テストが終了しました。
 いよいよ、今週末から私立入試等が始まります。
 すでに今学期に入って連日、受験指導や面接練習を行っていますが、本日も4限目に面接練習を行いました。


13:59
2019/01/16new

成人式

| by 山手中     
四日市市の「2019年 成人式」が1月14日(月・祝)、四日市ドームで開かれ、約2,000人の新成人が会場に集まったそうです。

その前日の13日(日)に、山手中学校の同窓会があり、新成人の卒業生約140人が集まりました。
その会場に招かれ、何人かの卒業生と話をする機会がありました。
中学校時代の思い出とともに、次のような「夢」を語ってくれた卒業生がいました。
・人を助ける仕事がしたくて、消防士を目指しています。倍率が高くて厳しいけど、絶対に受かって、人助けがしたいと思っています。
・看護師になりたくて、看護大学に通っています。先生が病気になったら診てあげるね。
・アルバイトをしながら、ネイリストの学校に通っています。人をきれいにしてあげたいと思っています。
・中学校の時からやっていたスポーツを続けています。東京オリンピックは無理だけど、やれる間は精いっぱいやりたいって思っています。
・中学生の時から劇団に興味があり、求人募集はなかったんだけど、高校の先生に掛け合ってもらって、試験を受け、採用されました。今、裏方として働いていますが、すごく充実した日々を送っています。
・高校を出てから働いています。先輩たちにかわいがってもらいながら、仕事を覚えています。いつかは独立したいって考えています。

久しぶりに会った卒業生は顔つきも考え方もすっかり大人になっていました。
さて、中学生の皆さん、あなたは20歳の時、どんな姿になっていますか?
どんな夢に向かって努力していますか?
自分の将来の姿をイメージし、今できること、今しなければならないことを精いっぱいしていきましょう。
「20歳のあなた」と「中学生のあなた」はつながっていますよ。
17:21
2019/01/15new

【3年生】卒業テスト

| by 山手中     
 3年生は今日から卒業テストが始まりました。
 卒業テストは全教科行われるだけでなく、出題範囲も広くなっているかもしれませんが、最後まで諦めずに頑張りましょう。
 卒業テストが終了すれば、私立入試が始まります。




11:55
2019/01/11

努力生徒表彰

| by 山手中     
四日市医師会、四日市学校保健会、三重郡学校保健会が主催する「三泗地区学校保健表彰(努力生徒表彰)」が毎年行われます。
これは、「心身共に健やかな生活を営む児童生徒及び団体等を表彰することによって、健康に対する関心を高め、あわせてその啓発を図る」ことを目的としています。
「自己の努力によって、心身共に健康管理ができ、他の児童生徒の模範になりうる生徒及び、心身や環境等の課題を克服し、よく努力した生徒」が表彰を受けます。

今年度、山手中学校からは3年生の菅野友乃さんが選ばれました。

菅野さんは、「中学校3年間、何事にも努力する。積極的に取り組む」ことを常に心がけていたようです。
例えば、日々の授業や家庭学習にもしっかり取り組み、部活動にも熱心に励みました。
また、生徒会の副会長としても、学級役員としても積極的に取り組みました。
さらに、夏休みの新聞スクラップにも熱心に取り組み、審査員奨励賞という高い評価を得ています。
菅野さんは、「努力を努力と思わずにできるから、想像を超えて可能性が広がった」というある本の一文を念頭に置いているようです。

「努力を癖(くせ)にしてしまえば苦労せずに成功できるだろう。」という言葉があります。
「癖」つまり「習慣化」するまでには「努力」が必要ですが、「努力」し続ければ「習慣」になり、その「習慣」を続けることで目標を達成することにつながります。
新しい年を迎え、今年の目標を立てたところかと思います。
3学期になり、「頑張ろう」という気持ちにあふれている人も多いかと思います。
ぜひ、ぜひ自分を高められるよう、目標を達成できるよう、努力を続けましょう。

15:21
12345