データベースが作成されていないか、作成されたデータベースが非公開扱いになっています。
四日市市立山手中学

〒510-0805                 緊急用QRコード
三重県四日市市大字東阿倉川70



 めざす学校像 : 笑顔希望にあふれる学校
 めざす生徒像 : 美しいものに感じ、自分他者大切にする生徒
 

新着情報

 

学校からのお知らせ

学校
12345
2019/03/22new

卒業生からのメッセージ②

| by 山手中     
卒業生から後輩のみなさんに向けたメッセージ、第2弾です。
心のこもった温かいメッセージですので、しっかり読んで、これからの取り組みに生かしていってほしいと思います。

 私が新2・3年生に伝えたいことは、毎日少しでもいいから勉強をして欲しいということです。私は1・2年生の時に勉強を全然やらなかったので、3年生になって大変な思いをしました。入試問題は3年生の範囲だけではありません。1・2年生の範囲もすべて出題されます。なので、1・2年生の時に勉強していなかった分、3年生でとても苦労をしました。しかし、今のみなさんならまだ間に合うと思います。毎日少しの時間でも、学校で勉強したことを復習するだけでも違うと思います。それを積み重ねていけばきっと3年生になったとき、苦労が少なくてすむと思います。また、高校を選択するときの視野や幅も広がると思います。みなさんには私のように後悔してほしくはありません。だから、是非、今日から高校入試、志望校合格を目指して、頑張って欲しいと思います。  
安達陽平さん

自分は前期選抜を受検しましたが、あっさり不合格でした。私立高校が第一志望の人は合格してどんどん進路を決めていくし、前期選抜で合格した人が私の周りにはたくさんいました。こうして周囲の友だちが次々に進路決定していることを知った時、とてもあせりました。また、後期選抜で合格できるだろうかと不安な気持ちがすごく出てきました。前期で合格した友人へ怒りの感情が出てきて、強く当たったり、合格できなかった自分を責めたりした日々がしばらく続きました。ですが、前期の不合格から大切なことを学びました。それば「合格できなかった人の気持ちを知った」ということです。僕は難しいかもしれないと言われていた私立高校を受験し、合格しました。私立の受験は順調に進み、有頂天になっていた部分もありました。仮に前期で合格していたら、前期で不合格だった人に心ない言葉をかけていたかもしれません。僕は前期不合格だったことで、とても良い経験ができたと思っています。僕は後期選抜が残っているので、前期の悔しかった気持ちを晴らすため、自分の全力を出し切りたいと思います。受験生になると辛いことや不安なこともいっぱいあると思いますが、頑張ってください。   
原 成臣さん

私は受験期になって感じたことがあります。本当に1年生からきちんと1つ1つ理解して勉強しておけばよかったということです。志望校の過去問を解いた時、最初の方の解きやすい問題は1年生で習うものがでてくるので、そこで落としてしまうとすごくもったいないけど、受験勉強を始めるとゆっくりと1年生の復習をしている時間はないと思うので、本当に後悔しました。そうならないよう、早いうちに始めるようにして下さい。
私が悩んでいた時に、私の周りにいてくれた友だちや先生が相談に乗ってくれました。その時に「やっぱり友だちは大事だな」と思ったし、先生にはいろいろな事を話せて安心感を得ました。後輩のみなさんはこれから先、たくさん辛い事とかあると思うけど、周りにいる友だちや先生に話をするだけでも、ずいぶん気持ちが軽くなると思うので、クラスの子や周りにいる子を大事にして、残りの中学校生活を楽しんで、そしてがんばってください。  
村上菜々子さん



17:09
2019/03/20new

3学期大掃除

| by 山手中     
 今日は暖かい春の一日になりました。
 5限目には大掃除を行いました。
 普段の掃除ではできない所まで、1時間かけて、じっくり取り組んでくれました。








15:02
2019/03/20new

【2年生】家庭科の授業

| by 山手中     
 2年生の家庭科では、今週に入って、ゲストティーチャーを招いて、衣服の色や形などの調和や自分らしさを考えた着方、色を身にまとう楽しさや効果について学習しています。本日の中日新聞北勢版でも記事になっています。





14:37
2019/03/18new

池そうじ

| by 山手中     
 先週、土曜日にPTA会長・副会長・顧問・おやじの会の方々にお世話になり、池そうじを行いました。池そうじは8月以来で、すっかりきれいになりました。
 長い厳しい寒さに池底でじっと耐えていた鯉たちは、姿を現し、気持ちよさそうに泳いでいます。





16:47
2019/03/14

卒業生からのメッセージ①

| by 山手中     
卒業生から後輩に向けたメッセージを預かっています。
今日から4回に分けて、紹介します。
心のこもった温かいメッセージですので、しっかり読んで、これからの取り組みに生かしていってほしいと思います。

中学校生活が終われば、今の友だちと別れて、新しい友達を作ることになると思います。だから卒業式までに今の友だちを大切にして、中学校生活を大いに楽しんでほしいと思います。部活動を通して学んだことは、将来生きることがたくさんあると思うので、どんなことにも積極的に取組んで、自分を成長させていってください。  
石原洋祐さん

3年生になるといろんなことに「中学校生活最後」という言葉がついてきます。部活で貼中画稿生活最後の大会やコンクール、クラスでは中学校生活最後の仲間など、たくさんの最後があります。中学校生活最後を後悔しないように、普段の生活や友人関係、学習面といったことを、仲間とともに大切にしていってください。
進路についてもたくさん悩むと思いますが、本格的に決めるまでは、自分が考えている進路に向かって全力で頑張ってください。もし進路について具体的なことが明らかになっていない場合は、自分の続けたいことやしたいこと、また将来の姿をイメージして、たくさん考えて、そしていろいろと調べてみてください。ゼッタイに悔いの残らない中学校生活にしてください。     
永井 遊さん

まず、山手中学校は元気で明るくおもしろい学校です。ぜひこのことを次に新しく入ってくる新1年生に伝えてあげてください。また4月から2年生になる人たちは先輩という立場になり、後輩ができます。「みんなから尊敬される先輩になりたい!」という人が多いと思いますが、「カッコイイ先輩とは?」って聞かれると少し難しいかもしれません。そんな時は自分が今まで尊敬した先輩の姿を思い出してみてください。みなさんなら必ず良い先輩になると思います。
そして受験生になる新3年生、部活の大会も最後となり、高校入試に向けて勉強に力を入れなければならない1年になります。進路のことや学習面でいろいろと不安も出てくると思います。でも困ったときは助けてくれる先生方が周りにたくさんいるので、心配しないでください。それから、受験への取組はクラスの雰囲気にとても影響を受けます。「受験は個人戦ではなく団体戦」です。しっかりとクラスの雰囲気を正し、「合格」に向かってがんばって下さい。最後の1年はあっという間に終わってしまいます。だから1日1日を大切にして過ごし、たくさんの思い出を作ってください。これからも山手中学校がより良い学校になることを願っています。     
若林 栞さん


20:08
12345